無垢フローリングの塗装って。。。【高松市アロハリフォーム】

10日えびすに鏡開きも終わって、完全に正月気分から通常モードに切り替わりましたが、ほんとに寒いですね。。。

さて、弊社のお客様からよく質問を受ける「無垢フローリングの塗装って何がいいの?」について、小話を。

一般的に無垢フローリングの塗装は大きく分けて2つあります。

一つめはウレタン塗装やUV塗装などの木の表面に膜をはるタイプ


体育館などの床のような、光沢のある塗装がウレタン塗装になります。

もう一つはいわゆるオイルフィニッシュと呼ばれる塗装剤が木に浸みこんでいくタイプ。


最近は自然塗料と呼ばれる植物系などの樹脂からできているものが人気ですね。

どちらの塗装にも一長一短がありますので簡単に説明していきたいと思います。

 

-ウレタンやUV塗装のメリット-

塗料自体が乾燥しますと膜を(塗膜)貼りますので、耐久性、耐水性に優れます。

塗膜のお陰で木材(フローリング)の呼吸をブロックしてくれますので、反りや歪み(寸歩安定性)が少なくなる傾向があリます

 

-ウレタン・UV塗装のデメリット-

イスやお子様がオモチャなどを床の上で引きずったりしてしまうと、白い傷が入ることがあります。

この場合、補修方法が難しく、業者に依頼が必要になってしまったりします。

 

-オイルフィニッシュのメリット-

天然植物を原料にした塗料が多く、「安全性」「自然素材」を特徴にしていますのでそういう意味ではとても安心です。

ウレタン塗装と違い木の表面に分厚い膜を作らないため、「白い傷」は日常生活ではつきません。


傷が付いても軽くサンドペーパーでこすれば傷は目立たなくなります。

 

-オイルフィニッシュのデメリット-

ウレタン塗装のように表面に膜を作っていませんので耐水性がありません。

海外で塗装できるウレタン塗装に比べて価格が高く傾向があります。

 

このように塗装の種類によってメリット・デメリットがありどちらがいいというのはありません。

まずは、お客様のご希望を一番に考え、無垢材の使用状況に応じて最適な塗装を選ばれた方が良いかと思われます!

 

ご参考程度に。。。

 

【建物のリノベーション、リフォームの事なら高松市木太町アロハリフォームへ】